梅雨も快適!明るく軽やかな窓辺が気分を上向きにしてくれる「レドンド」

レドンド

5月に入ると徐々に「梅雨」という長雨を意識するひとも多いのではないでしょうか。過去のデータから梅雨入りの平均は、だいたい奄美・沖縄地方が早ければ5月はじめから半ば、東北・北陸にまでやってくるのが6月はじめという感じ。この時期は、雨の煩わしさに加えて、カラダが怠くなったり頭痛が頻繁に起こることもあり、何かと厄介です。

レドンドイメージ

実は、その梅雨に体調が悪くなるのは、低気圧と自律神経が関係しているのだそうです。

レドンドイメージ

人間の自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない内臓や血管、代謝や体温などの働きを調節してくれる神経です。

自律神経には、心拍数が上がり体温も上がる”活動”の「交感神経」と、
心拍数が下がり体温も下がる休息の「副交感神経」がありますが、

この2つがうまくバランスをとることでカラダは良好な状態に保たれます。例えば、働いている時間は「交感神経」で、リラックタイムや就寝時などは「副交感神経」です。

しかし、低気圧が近づくと、「副交感神経」が優位な時間が多くなってしまうのだそうです。つまり、本来ならば活動しなければいけない時間なのに、カラダはすっかり”お休みモード”。これが怠さの犯人のようですね。また、湿度の影響もあるそうです。

レドンドイメージ

ところが、不思議なことに気圧が低いと、人間の体内には「ヒスタミン」という物質の分泌量が増えるそうです。この「ヒスタミン」が、今度は”活動”の「交感神経」を刺激するそうなんですよ。

ああ、ややこしい!

と、書いている私も言いたくなりますが、梅雨にそれを一番言いたくなるのが人間のカラダなんです。気圧の低さや湿気でカラダを休息状態にしておきながら、チョイチョイ活動の神経も刺激するので、ついには、自律神経が乱れてしまいます。

これが、梅雨の不調の原因です。自律神経の乱れは、馬鹿にできない症状をもたらすんですよ。ちょっと怠いぐらいでおさまると良いのですが、ひどくなると、肩こり、頭痛、手足のしびれや、動機、めまい、不整脈、おまけに不眠などが襲ってきます。

レドンドイメージ

とはいえ、梅雨になっても超がつくほど元気な人達だって存在しますよね。その人たちがどのように梅雨を過ごすかといえば、多くが無意識だとは思いますが、自律神経が整う生活を送っているはずなのです。

晴れの日はもちろん、雨の日でも室内でできる軽い有酸素運動筋肉トレーニングを習慣にしていたり、ゆっくりお風呂に入って、お風呂上りにはストレッチをしたり、または、自分の時間をつくり趣味を楽しんだりと。

有酸素運動や筋肉トレーニング、ストレッチをすることにより、ストレス解消効果が生まれ、ストレスに対する忍耐力(ストレス耐性)が高まります。そして酸素を多くカラダに取り込み、血液循環を良くするので巡りを良くします。これら全て自律神経を整えるためには有効なのです。

また、ゆったりと入浴することは、最も手っ取り早い自律神経を整える方法です。ほか、趣味を楽しむ、いわゆる気分を上げるということは、カラダの働きを活性化するホルモンや神経伝達物質を多く分泌させてくれるんですよ。β―エンドルフィンとか、ドーパミンなどです。これらが、自律神経を整えるために大いに役立ちます。

そして、もうひとつ梅雨といえば紫陽花(あじさい)ですよね。梅雨のジトジトした雨のなか、とても美しい姿で人々を癒してくれるではないですか。しかも、雨に濡れた紫陽花ほど美しいものはないと感じます。

レドンドイメージ

フラワーセラピーってご存知ですか?実は医療や介護の現場でも役立てられているそうなんです。五感をつかって花や植物と接することで、心身を癒し、疾患まで遠ざけてしまうのだとか。嗅いだり、触れたり、観賞したり、触れたときの摩擦音や、風に揺れる音を楽しんだり、まあ、時にはこんな風に食べたり!

レドンドイメージ

(上にのっているのは『デンファレ』という食用花だと思います。噛むとオクラのような粘りがあるのだとか!これは実際に自分が食べたパンケーキを撮影したものですが、あまりのボリュームで三分の一しか食べられず、不覚にも花を食べた記憶がまったくありません…)

ここで、ちょっと確認です。

このブログを読み始めたとき、最初の暗い空の写真で気分がどんよりしたのではないでしょうか。 でも、徐々に読み進めるうちに、気分が少し爽やかになった気がしませんでしたか?

もし、そう感じたならば、暗い写真から、徐々に明るい写真を並べていった影響かと思います。美しいと感じられるもの、爽やかで瑞々しい印象のあるもの、美味しそうなものなどは、視覚に入れるだけで脳を刺激して活性化し、リフレッシュさせてくれるそうです。ご想像の通り、リフレッシュは自律神経を整えるにはもってこいです。視覚だけでもこんなに影響力があるんですねえ。

ならば部屋にいるときに、大きな面積であるカーテンから知らず知らず与えられる影響は、如何ばかりかと想像します。ましてや、梅雨の時期は外の明るさが弱すぎて、昼間っから電気をつけたくなる状況に陥ることもありますものね。

レドンドイメージ

かといって、プライベート丸出しで煌々と電気をつけるわけにもいかず、早い時間からカーテンを閉めることも多いのでは?

それならば、窓辺を明るく彩るカーテン選びをおススメします。部屋を明るくするだけではなく、人間の心身にも働きかけて良い影響を与えてくれますからね!

また、梅雨が来る前に、カーテンのように大きなものは洗濯しておいた方が良いという呼びかけもあります。ジメジメした季節に汚れた大きなものがあると、カビやダニを増殖させるからです。ちなみに、カーテンは想像以上に汚れているようですよ。年中無休で家と外の境界線を守ってくれているので、カビやダニの温床になっていることもあるそうです。

しかも、梅雨が明けたら一気に季節は「夏」。洗濯ついでにカーテンを夏向きに模様替えをするのは、梅雨前であるこの時期が丁度良いかもしれません。

そう考えると、店舗や通販で、これからの季節に最適なカーテン選びをするなら、気分を明るくして脳を活性化してくれるような「明るい印象のカーテン」、そして、毎年やってくる梅雨前のお洗濯を見越して「洗えるカーテン」、また、お洗濯しても美しいウェイブが保たれる「形状記憶」機能が付いたものがベストですね。

良いものは見つかりましたか?もしも、まだならば、カーテンじゅうたん王国の「レドンド」をご紹介します。

レドンド

カラフルで、雨が降り注いでいるようなドット柄が、まるで映画『雨に唄えば』のように雨そのものを楽しむ気分にさせてくれます。また、「レドンド」はご家庭でお洗濯OKな洗えるカーテン。しかも、形状記憶加工が施されているので、お洗濯あともウェイブが崩れにくく安心です!こちらの「お手入れ方法」のページには、カーテンをお洗濯するコツを紹介していますので、是非、ご参考にしてくださいね。

レドンド

レドンド」は、「ピンク」と「ブルー」の2色。いずれも遮光2級で、優しくプライベートを守ってくれます。また、写真からも感じられるように、生地がしっかりとして丈夫です。

レドンド

明るく軽快だからといって、”つくり”が軽いわけではありません。カーテンじゅうたん王国がつくり出すカーテンは、その軽やかなビジュアルでは想像できないほど、どれもが硬派なのです。高級芯地を貼り、しっかりと縫われたヒダ山が、真面目に規則正しく整列しています。

レドンド

そして、既成カーテンとは思えないほどタップリの裾折り返しが、規則正しいヒダ山と協力して、心地良い音色のような美しいカーテンウェイブをつくります。

レドンド

お揃いのカーテンタッセルも、弾むような歌声で、なんだか楽しい窓辺のコーラスに加わります。

レドンド

もしも、明るく窓辺を彩り、形状記憶が付いた洗えるカーテンを通販でお探しならば、カーテンじゅうたん王国の「レドンド」もご検討してみてくださいね。

ちなみに、「レドンド」に合わせるレースカーテンは「フェーダ」なんていかがでしょう?

フェーダ

羽モールとスパンコールが楽しそうに並んでいます。きっと雨の日にも「レドンド」とのコラボレーションで、人々を明るい気持ちにさせてくれるはずです、

フェーダ

コーラスが聞こえてきましたか?

是非お試しあれ。

 

カーテン選びコンシェルジュでした。