可憐な上品さが際立つ「ブゥケ」で多様なガーリーテイストを演出

ブゥケ

ガーリーテイストのインテリアは、姫系インテリアとも呼ばれ人気が高まっているようです。お姫様のような気分になれる部屋づくりが基本となりますが、ここ最近は、人気モデルさんやスタイリストさんもハマっているというクラシックでガーリーなインテリアも注目を集めていることもあり、その多様化に目が離せません。

 

◆甘さたっぷりガーリーなインテリア

ガーリーといえばその名の通り、少女らしい「ピンク・ホワイト・レース・ハート・リボン・花・ギンガムチェック」などが主要なキーワード。カーテンやクッション、ベッドリネン、敷物、雑貨においても、これらのモチーフやディテールがふんだんに使われたものを上手にコーディネートすることで、完成度の高いガーリー・インテリアになります。

ブゥケイメージ

そして、もう一つのキーワードとしては、「甘いお菓子」。ガーリーなテイストを好む人は、よく甘いお菓子のモチーフをインテリアや自分のブログなどの装飾に取り入れています。「甘いお菓子」は、”かわいい”とか、”女の子らしい”という印象を強めてくれますよね。もちろん、その甘い色づかいも重要なポイントです。

ブゥケイメージ

モチーフだけではありません。お菓子そのものをインテリアの一つにしてしまうアイデアだってあります。

例えば、透明の瓶にキャンディーを入れてリボンで飾り、クロッシェレースの敷物の上にのせたら、それだけで、見せて良し、食べて良しのインテリアオブジェが出来上がりです。

ブゥケイメージ

レースをインテリアに活用する術も多々あります。カーテンのタッセルやクッションをレースで装飾したり、透明の瓶にレースを巻いてガーリーなフラワーベースにしたり、レースのモビールにして天井や壁にぶら下げたりなど…。なかには風船とボンドを使って、球体のランプシェードをレースで作るという高度なDIYまであるようです。

DIY(Do It Yourself )といえば、昔はお父さんの日曜大工が主流でしたが、今は、むしろ女性の方が広範囲に楽しんでいるかもしれませんね。

ブゥケイメージ

いずれにせよ、突き詰めていくとガーリースタイルの根底には「ハンドメイド」があるとわかります。加えて、欠かせないのは綿や麻などの「自然な素材」。ガーリーなインテリアが、人工的な素材ばかりだと少し違和感がありますものね。また、ピンとした素材よりも、柔らかさを感じる、少し使い込まれたような雰囲気の生地がピッタリ。

だからこそ、使い込まれ味わい深くなった「アンティーク」な家具も、重要なガーリー・インテリアの要素になります。

 

◆シャビーシックなガーリー・インテリアとは?

そんななか、人気モデルさんやスタイリストさんも夢中だという話題の「シャビーシック」なインテリアは、従来のガーリースタイルとは少し趣が違うようですね。

「シャビーシック」を直訳すると、「貧相なシックさ」となるのでズッコケますが、もちろんニュアンスは全く違います。使い込まれたような味わい深いアンティークな家具と、上品な花柄やフリル、レースなどを程よくミックスさせた、クラシックでガーリーなインテリアのことです。言葉にすると、普通のガーリーテイストと大差ないように感じますが…

ブゥケイメージ

従来のガーリーよりも、大人っぽくて落ち着いた雰囲気があり、よりナチュラル感がプラスされた感じ。色合いはアイボリーが基調となりますが、甘くなり過ぎないことが特徴でもあるので、ニュートラル(無彩色)寄りに傾いています。

ブゥケイメージ

同じアンティーク調でも、傷が付いたり、ペンキが剥がれかけているといった古びた印象がより強くなっていることも特徴です。

ブゥケイメージ

ガーリーなインテリアにおいても生地の柔らかさは一つのポイントですが、このスタイルには、「シワ感」がある、より使い込まれた素材がよく馴染みます。

ブゥケイメージ

色あせた、ビンテージ素材のような花柄のファブリックスがアクセントとして加えられることも。

ブゥケイメージ

いかがでしょう?

ひとことでガーリーといっても、色々と多様化していて興味深いですよね。

ガーリーなインテリアは凝り固まった甘いテイストと勘違いされがちですが、実は、とてもアレンジしやすい、女性心をくすぐるインテリアなのかもしれません。逆にいえば、レースやリボン、花柄やギンガムチェックといった少女っぽい要因は、活かし方次第でいかようにもなるといったところでしょうか。

ブゥケイメージ

 

 ◆可憐な上品さが光る「ブゥケ」

ガーリーテイストを、ちょっとインテリアに取り入れてみたいけど、あまりにもお姫様系のカーテンはちょっと…なんて思いながら通販サイトでカーテンを物色中ならば、おススメのカーテンがありますよ。

それは、カーテンじゅうたん王国の「ブゥケ」です。

ブゥケ

可憐で上品な小花が散りばめられた「ブゥケ」は、スウィートなガーリーにも、落ち着いたガーリーにも、自然な素材がふんだんに使われたナチュラルな雰囲気のお部屋にもやさしく馴染みます。

ブゥケ

しかし、カーテンのモノづくりに関しては決して”スウィート”はありません。

ブゥケ

規律正しく整列するカーテンのヒダ山は、芯地の質にも縫製にも手を抜かず、キッチリとつくり上げられた証拠。

実際にカーテンを見ても、たっぷり折りこまれた裾が、驚くほど真っ直ぐ縫われていることに気付く人は少ないかもしれません。しかし、その整ったカーテンウェイブを見れば、隠れている部分の高い品質基準を実感していただけるはずです。

カーテンじゅうたん王国のカーテンづくりには、表に美しさが、裏側には生真面目さが満ちあふれています。

ブゥケ

通販でカーテン選びをする際には、品質へのこだわりを重視することが とても大切です。長い付き合いになるカーテン、丈夫で長持ちでなければ、どんなに安くても、結局損なお買いものですものね。

もちろん、通販だけではなく、店舗においても「品質に絶対的な自信」を持つお店選びがカーテン選び成功の秘訣です。

 

 ◆省エネレースカーテン「リエール」

なお、可憐でかわいらしい「ブゥケ」に合わせるレースカーテンは、カーテンじゅうたん王国の「リエール」がおススメです。

リエール

ヨーロッパのアンティークなファブリックスを思わせるオーソドックスなサラサ柄が、ガーリーなお部屋にも、ナチュラルなお部屋にもしっくり馴染む「ブゥケ」の雰囲気に良く合います。ピンクのストライプが効果的なアクセントとなり、窓辺を華やかに演出してくれるはずです。

しかも、この「リエール」、見えにくいミラーレースカーテンなのでプライベートをガードしてくれるほか、遮熱、断熱、防炎つきという優れもの。安全で、しかも省エネに一役買ってくれますね。

ブゥケ」同様、見た目はスウィートでも、品質も機能も硬派なのです。

 

◆洗えるカーテンのお洗濯方法

カーテンじゅうたん王国のカーテンは、すべて洗えるカーテンです。お家でお洗濯した際にも、カーテンじゅうたん王国のように厳しい品質基準で丈夫につくられたカーテンならば安心ですよ。カーテンのお洗濯はどうしたらいいの?という方は、こちらの「お手入れ方法」をご参考にしてくださいね。

 

◆おしまいに~

女性の魅力は美しさだけではなく、「色気」や「かわいらしさ」、そして「上品さ」も大切な要因となりますよね。それは、インテリアも同じで、ほどよいバランスが、魅力的なインテリアづくりには欠かせないようです。

美しく年齢を重ねた女性が、上手にファッションやインテリアにガーリーを取り入れているのを拝見する度、そのセンスの良さに驚きます。そんな人に憧れる女性が多いのも納得ですよねえ。絶妙なバランスで女性の魅力を発揮するためには、いくつになってもガーリーな部分って必要なのかもしれません。

ちなみに、「シャビーシック」なスタイルなら、お父さんと元気な男の子でも、落ち着けるお家のインテリアになりそうです。是非、お試しくださいな。

 

カーテン選びコンシェルジュでした。

こちらもあわせてどうぞ。

関連記事:魅惑の甘さで窓辺を美味しくしてしまう「ガーリー」

関連記事:インテリアに大人ガーリーをプラスするレースカーテン「アイト」