ソファダイニングのあるお部屋にもお勧め!家族の会話みたいに弾ける「プント」

プント

輝くような空の青と爽やかな空気。朝晩の気温差は激しいですが、日中は、これから冬の到来があることを忘れてしまいそうなほど温かく強い日差しです。こんな気候のときは秋の行楽地もいいですが、あえて、日差しがたっぷり入りこむ部屋で家族とくつろぐのも良いですね。そう、今、リビング・ダイニングの新しいカタチが広まっています。

 

◆ソファでくつろぐダイニング

日本の暮らしが欧米化し始めたのは戦後の昭和30~40年と言われています。

昭和40年代になるとリビングにソファを置くスタイル、いわゆる応接セットが流行り、ソファに座るという生活が入り込んできました。昭和40年代といえば西暦でいう60年代~70年代。当時のレトロな雰囲気を好む人は多いですが、さすがにその時代は今のように広々としたLDK(リビング・ダイニング・キッチン)はなかったので、多くは狭い部屋にむりやりソファセットを押し込むカタチだったのではないでしょうか。

しかし、現代はリビングルームとダイニング、そしてキッチンがつながっている間取りが非常に多くなりましたよね。ソファを間仕切り代わりにして、食卓があるダイニングスペースとリビングのスペースを分けている配置だったり、キッチンに立つお母さんと目を合わせて会話できるような配置だったり。

ソファを置いたスペースのほか、和室までオープンになっている間取りもあります。

プント イメージ

とはいえ…誰もが広々としたお家に 住めるわけではありません。

また、よくアメリカのドラマや映画で目にするお家は冗談みたいに広いものばかりですが、日本はそうもいきません。

「国際連合世界統計年鑑2006」のデータによれば、日本の人口密度は世界21位とのこと。

2015年現在、日本政府は、日本を加え196か国を国家数としているようですが、こちらのデータでは193か国となっていて、その中の21位ということです。いずれにせよ、調べなくてもわかることですが日本の人口密度は上位に位置しています。もちろん、都市に人口が集中しているので、地方に過疎地域ができているという矛盾点はあるのですが…。

ついでにちょっと調べてみると、1位は女優だったグレース・ケリーが王妃となった「モナコ」、2位はビックリするような厳しい法律がある国「シンガポール」、3位はローマ法王がいる「バチカン」です。まあ、バチカンは確かに独立国ですが、ほとんど聖職者と衛兵とのことなので、その次をみてみると4位は地中海の真ん中あたりに位置する小さな島国「マルタ」です。

「イギリス」は33位、「ドイツ」35位、「中国」53位、「フランス」は69位ですが、「韓国」は12位、「インド」17位と、こちらは日本より人口密度が過密です。

そして、でっかいお家を様々なメディアで見ることができる「アメリカ合衆国」は142位。やはり、家が大きいはずです。もちろん、ニューヨークなどの大都会は比較的狭いお家もあるようですが、そうはいってもやっぱり絶対的に家が広いですよねえ。

と、ちょっと横道にそれてしまいましたが、

海外からやってきたソファに座る文化。しかし、日本には日本らしいソファの使い方ってのがあるみたいですよ。

プント イメージ

どんなに壁のないLDK(リビング・ダイニング・キッチン)でも、リビングにソファを置き、ダイニングに食卓を置いたりしていると、なんだかお家がギュウギュウ詰めになってしまうことがあります。また、「ソファもダイニングセットも置きたいけど置けるスペースがない」なんてこともありますよね。

家族の団らんはダイニングでというご家庭も少なくありません。また、世帯によってはダイニングテーブルが、食事をしたり、テレビを観たり、ノートブックで作業したり、勉強したり、本を読んだりというスペースにもなることもあります。

そんなこともあり、今、「ソファダイニング」という考え方が広まっています。

つまり簡単にいうと、ダイニングセットと、ソファセットが融合したようなものです。L字型のソファだったり、ベンチスタイルだったりと様々ですが、イメージとしては、座る部分はソファで、テーブルは少し低めのダイニングテーブルという感じです。

ダイニングテーブルで食事を済ませたあと、ソファに移動してテレビを観るのではなく、食事も、食後のリラックスタイムも、その場所で過ごせるということなんです。

プント イメージ

そのため、ファミリー世帯でも、単身世帯でも、ちょっぴりコンパクトなリビングダイニングなら、スペースを有効に使えます。もちろん、お部屋のスペースに余裕があるならば、それをダイニングスペースにおいて、普通のソファセットをリビングスペースに置くケースもあるようです。

なので、従来のソファセットよりも少しカジュアルな印象があり、とても親しみやすい雰囲気ですよ。コンパクトなLDK(リビング・ダイニング・キッチン)のインテリアにお悩み中ならば、「ソファダイニング」を検討してみてはいかがでしょう。

そして、もしも、そんな「ソファダイニング」を置いた、少しカジュアルなお部屋にピッタリなカーテンを通販でお探しならば、お勧めがありますよ。

 

◆リビングダイニングを明るく彩る「プント」

プント

カーテンじゅうたん王国の「プント」は、楽しげなドットの柄が施されたカーテンです。

プント

カジュアルな雰囲気ですが、スッキリとした印象なので、リビングダイニングから子供部屋、ワンルーム、男女問わず巾広くお使いいただけます。

カラーは明るく朗らかなオレンジ(上写真)と、清々しい秋晴れのようなブルー(下写真)。

プント

ナチュラル感のある素材のうえに、会話のように弾けるドットが楽しそうにならんでいます。

プント

手描き風のドットのなかに、さりげなく可愛らしいモチーフも隠れていますよ。

プント

明るくお部屋を彩りながらも、遮光2級なので優しくプライベートを守ってくれます。

プント

高級芯地が貼られたヒダ山と、オーダーカーテン並みにタップリ折りこまれた巾10cmの裾、そして丁寧な縫製が、カーテンを長持ちさせて、美しいウエイブをつくります。

プント

 

そんな カーテンじゅうたん王国の「プント」には、紫外線や外部からの視線をカットしてくれる安心機能付きのレースカーテン「トイヤー」を合わせてみてはいかがでしょう?

トイヤー

ポンポンのボーダーが、「プント」のドットと可愛くマッチングするはずですよ!

是非ご検討くださいね。

トイヤー

 

◆洗えるカーテンのお洗濯方法

なお、カーテンじゅうたん王国のカーテンは、すべて洗えるカーテンです。お家でお洗濯した際にも、カーテンじゅうたん王国のように厳しい品質基準で丈夫につくられたカーテンならば安心ですよ。カーテンのお洗濯はどうしたらいいの?という方は、こちらの「お手入れ方法」をご覧ください。

 

朝晩はめっきり気温が下がりましたね。私の周囲にいる暑がりさんたちは大喜びですが(笑)

お風邪など召されませんようにお気をつけくださいませ…。

 

カーテン選びコンシェルジュでした。