男性にもおすすめしたいモダンでさりげない遮光カーテン「ロント」

ロント

1が4つ並んだ11月11日、中国ではシングルデーとして消費が加速しますが、インターネット通販サイト「天猫(Tモール)」では、この日の総取引額が912億人民元(約1兆7328億円)に到達したのだとか!そして、もうひとつ同日の注目すべきニュースは、半世紀ぶりに開発が進められていた国産旅客機「MRJ」の初飛行が行われたことです。そこで今回は、空港ラウンジなどのインテリアに注目しながら、男性にも好まれるモダンなカーテンをご紹介します。

 

◆半世紀ぶりに空を舞った国産旅客機MRJ

プントイメージ

「ボーイング」とか「エアバス」といった欧米の旅客機の名前はよく耳にしていたものの、とくに意識することもなかったので、国産の旅客機が半世紀ものあいだ開発されていなかったとは正直なところ知りませんでした。

国産旅客機「MRJ」は11月11日、多くの航空ファンに見守られながら午前9時35分に名古屋空港から離陸し、約1時間半にわたる初飛行を無事に終えたそうです。順調にいけば、再来年には大空を飛び回るとのこと。スマートで美しい機体だそうですよ。早くその姿を目にしてみたいものです。

 

◆いろいろな空港ラウンジのインテリア

空港で国産旅客機「MRJ」の姿を拝めるのはまだ先ですが、今も多くの旅客機が世界中を行ったり来たりしています。

旅行で飛行機を利用する場合、機上のサービスを受けることも旅の楽しみですが、搭乗時間までゆったりくつろげる「空港ラウンジ」を利用することも楽しみのひとつではないでしょうか。

プントイメージ

航空会社のラウンジを利用するには、「プレミアムエコノミー(ビジネスとエコノミーの中間)」「ビジネスクラス」「ファーストクラス」の搭乗券を持っていることが必要ですが、搭乗回数が多く、航空会社のマイルがたくさん貯まっている場合はエコノミークラスの搭乗券で利用できます。また、航空マイレージ提携のクレジットカードでお買いものをしてもマイルは貯められるので、昔は上客だけのものだった航空ラウンジへの道は、いろんな方向から開けているようです。

また、タイプにより年会費などが異なりますが、「プライオリティパス」という空港ラウンジサービスの会員になれば、そのサービスと契約しているラウンジに限って、世界中の空港どこでも利用できます。ちなみに、日本でプライオリティパスを利用できる空港ラウンジがあるのは、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡国際空港の4つ。

そのほか、クレジットカードのゴールド会員、もしくはプラチナ会員であれば利用できるラウンジもあります。

空港で利用できるラウンジの魅力は、ゆったり落ち着けること、ネット環境に優れていること、飲みものや食べ物を自由に楽しめるところです。ラウンジによってはシャワールームもあり、ソファーなどでくつろげるので、乗り換えのときの「リフレッシュ」にも最適です。

プントイメージ

そして、それぞれを特徴づけているのは、食べものや飲みもの、アルコールの種類、そして、インテリアや照明などでしょう。

まるでBARのようにモダンなモノトーン系のインテリアだったり、クラシカルなホテルのロビーのようだったり、カフェのようにポップなイメージだったり、ナチュラルで落ち着いた雰囲気だったりと、その特徴はさまざま。

関西空港のJAL国際線サクララウンジは2015年7月21日にリニューアルオープンしましたが、インテリアのコンセプトは「モダンジャパニーズ」だそうです。東京オリンピックを意識しているのでしょうか、「日本のこころ・日本のおもてなし」をかたちにしているとのこと。マッサージチェアもあるそうですよ。

プントイメージ

ちなみに、このコンセプトは2014年3月30日にオープンした東京国際空港(羽田空港)国際線新ターミナルのJALサクララウンジと同じ。壁や床、アート、食を彩る器などには「和」の要素が取り入れられており、モダンでありながらホッと落ち着ける空間になっています。羽田空港の方には、書道家・武田双雲氏によるアートが壁一面に飾られ、エリアによって家具やカーペットのデザインが変化しているのだとか。

ラウンジのインテリア空間はそれぞれ特徴がありますが、全体的には、大人の男性がくつろげるような落ち着いた雰囲気が多いようです。さりげないのに上質で、無駄がないのに余裕がある。それゆえに、カーペットや椅子、壁の色はやはりモダンなものが選ばれていますね。もちろんラウンジを利用するのは女性の方も多いので、モダンとはいっても比較的アッサリとしたもの。つまり、男性が落ち着ける、というよりは、男女共に落ち着けるというバランスが大切なのでしょうね。

実はそんな雰囲気のカーテンがあるんですよ。

空港ラウンジでくつろいでいる気分を味わいながら、ちょっとご覧くださいな。

 

◆モダンでさりげない遮光カーテン「ロント」

カーテンじゅうたん王国の「ロント」は、ラフで自由なイメージでサークルを描いた、無地調のジャガード織カーテンです。

ロント

さりげなくお洒落に、さりげなくモダンに、シンプルライフを演出してくれます。

ロント

遮光2級なので、優しくプライベートを守ってくれますよ。

カラーは都会的な空間をつくるブラック(上)と、クールなのに親しみやすいアイボリー(下)の2色。

ロント

プント

高級芯地を貼ったヒダ山や、

ロント

オーダーカーテン並みにたっぷり10cm折り込まれた裾、

そして標準で付加された形状記憶が、美しく収まりの良いカーテンウェイブを完成させています。

ロント

そして、「ロント」に合わせるレースカーテンは、

カーテンじゅうたん王国の多機能レースカーテン「クープ」なんていかがでしょう?

クープ

遮光・防炎・制菌機能・遮熱がついた 、ベーシックなストライプの透けにくいレースカーテンです。帝人のAceTwin糸を使用しています。有能な秘書のように、モダンな「ロント」に頼もしく寄り添ってくれるはずです。

是非、ご検討してみてくださいね。

 

◆洗えるカーテンのお洗濯方法

カーテン・じゅうたん王国のカーテンは、すべて洗えるカーテンです。お家でお洗濯した際にも、カーテン・じゅうたん王国のように厳しい品質基準で丈夫につくられたカーテンならば安心ですよ。カーテンのお洗濯はどうしたらいいの?という方は、こちらの「お手入れ方法」をご覧ください。

 

若い頃、海外出張が多いときはキャセイパシフィック航空のラウンジをよく利用していました。香港のラウンジは特にモダンでカッコよくて気持ちが良かったです。

若さに加えて飲み意地と食い意地も手伝い、当時はラウンジと機上でガッツリ飲み食いしましたが、いま同じことをしたらトイレから出てこれなくなりそうです…。
また、通販でカーテン選びの途中にでも、ちょっと疲れたなあと思ったら遊びにいらしてくださいね!

 

カーテン選びコンシェルジュでした。