浮かれない明るさのなかを北欧の妖精が飛び交う「ポム」

ポム

今年初めにドイツ・フランクフルトで開催された「ハイムテキスタイル2015」では、パステルトーンとグレイッシュカラーといった、絶妙な色の組み合わせが目立っていたよう。それはいわゆる、日本でも欧州でも根強い人気の「北欧」風な色彩と言えるでしょう。イメージとしては、下の写真のような色の組み合わせ方でしょうか。ブルーとワームグレーのコントラストがキレイですね。

リーストイメージ

北欧と言えば、私がすぐに連想するのは「ムーミン」と映画「かもめ食堂」です。ご存じ「ムーミン」はフィンランドの作家トーベ・ヤンソンが生んだ人気キャラクター。

ポムイメージ

実は、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンは反戦家で、第二次世界大戦中に、雑誌の表紙に載るような風刺画を描いていたとのこと。ムーミンの漫画は、どこか寂しげで少し怖くて、哲学的だと言う人も少なくはありません。そして、この児童文学を通じて子供たちに、平和と自由の尊さや、生きることの厳しさ、そして時には折り合うことを教えていたようです。深いんですねえ、ムーミン。

ポムイメージ

そして、「かもめ食堂」は、フィンランドの首都ヘルシンキでお店を始めた日本人女性の奮闘記を、温かくも淡々と描いたとてもファンの多い映画です。「カハヴィラ・スオミ」という実在するお店を舞台に描いているんですよね。フィンランドの人の気質は日本人に似ていてシャイなのだとか。映画を観ることで、フィンランドの雰囲気や、木の温もりに包まれた、かわいいインテリアも堪能できるはずです。

ちなみに、映画のなかのインテリアも素敵ですが、食べ物もほんとうに美味しそうです!(下の写真はあくまでもイメージ。実は我が家の朝食です、笑)

ポムイメージ

一昔前まではデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3国のみが北欧諸国と言われていたのでフィンランドは入っていなかったのですが、今は「スウェーデン、デンマーク、グリーンランド、フェロー諸島、ノルウェー、フィンランド、オーランド諸島、 アイスランド」の五か国三地域が北欧諸国とされています。

ポムイメージ

(アントチェア by アルネ・ヤコブセン)

まあ、そして、忘れてはいけないのは北欧を代表するデザイナーの巨匠たち。セブンチェアやアントチェア、スワンチェアで有名な「アルネ・ヤコブセン」。Yチェアで有名な「ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナー」、イージーチェアで有名な「フィン・ユール」、パントンチェアで知られる「ヴェルナー・パントン」、そして、”デンマーク近代家具デザインの父”とも言われサファリチェアを世に出した「コーア・クリント」、”近代照明の父”と呼ばれPH5や アーティチョークを世に出した「ポール・ヘニングセン」などなど、世界的に有名な作品をつくり出したデザイナーたちが北欧デンマークには集結しています。

ポムイメージ

(PH5 by ポールへニングセン)

彼らが生み出した家具や照明は、長く寒い冬がある北欧ならではの特徴があります。それは、長く家で過ごしても飽きることなく、心地よく機能的であるということ。

このようにムーミンやかもめ食堂、北欧デザインなどを見ていると、優しさのなかにある厳しさ、決して強くは照らさないけれど明るい、寒い地域のやわらかい日差しを感じます。いうなれば、「浮かれない明るさ」といった感じ。それが、なんだかパステルトーンを少し落ち着かせるグレイッシュなフィルターを感じさせるのかもしれません。(下の写真はデンマークの街角)

ポムイメージ

そして、北欧テイストはナチュラルモダンと言われますが、洗練され過ぎた隙のないものではなく、なんとなくCOZY(居心地のよい、気持ちの良い、こじんまりした)というような雰囲気であることも特徴ではないでしょうか。そんな雰囲気をお部屋に取り入れたいならば、カーテンじゅうたん王国の「ポム」がおススメです。

ポム

とにかく人気の高いテイストなので、通販でカーテン選びをしている人は一度ぐらい「北欧風のカーテン」を検索しているかもしれませんね。すると、比較的ハッキリとしたコントラストのものもヒットするのではないでしょうか。そういったタイプのものに比べると、カーテンじゅうたん王国の「ポム」はカラフルなのに、まるでシャイなフィンランド人のように少し控え目なフィルターがかかっています。

ポム

お部屋にかけると、森の妖精が飛び交うような、少し神秘的で清潔感ある風をもたらします。カラーは、森を感じるグリーンと、昼下がりの優しい日差しを感じるオレンジ。表面が少し素材の凹凸を感じるものなので、それが木のモチーフとうまくマッチして、ナチュラル感のあるカーテンに仕上がっています。

ポム

そして、もちろん、カーテンじゅうたん王国のカーテンは全てが高い品質基準をクリアしたもの。高級芯地をベースに真っ直ぐ前を向いたヒダ山が、妥協のない美しいドレープをつくります。

ポム

そして、裾の折り返しはたっぷり10cm。それを、高度な技術でよれることなく正確に、まっすぐ縫うことで、誰が見ても納得できるような高級感のあるカーテンウェーブをつくるというわけです。

ポム

また、カーテンじゅうたん王国の「ポム」は優しくプライベートを守る遮光カーテン。もちろん、お家でお洗濯OKのウォッシャブルです。

ポム

もしかして、北欧風のカーテンを通販サイトでお探し中ではありませんか?

ポムイメージ

ならば、カーテンじゅうたん王国の「ポム」をお家のインテリアに仲間入りさせてみてはいかがでしょう。控え目で優しく奥行きのあるデザインと、高い品質をあわせもつ価値の高い北欧テイストのカーテンですよ。

 

是非、お試しあれ。

カーテン選びコンシェルジュでした。