5月病もへっちゃら!?お部屋のプライベートと明るさをキープしてくれるカーテン

トイヤー

ゴールデンウィークが終わり街はすっかり日常モード。しかし、人の心と体は常にカレンダー通りとはいきません。そう、お休みが明けたら今度は5月病シーズンに突入です。最近では、より深刻だという6月病の名を耳にすることも増えました。そこで今回は、その原因や対処法と、安心感と明るさを同時に与えてくれるレースカーテンをご紹介します。

 

◆5月病は誰でもかかりうる病気

トイヤー イメージ

5月病は、4月から新しい環境で意気揚々と仕事や勉強をはじめた人が、ゴールデンウィーク後に発症させる病気です。そして、誰もが“かかりうる病気”だといわれています。

しかし、主な症状は「やる気が起こらない」「気分がふさいでしまう」「体がだるい」というものなので、「怠けているだけ」なんて不名誉なレッテルを貼られることがありました。

しかし、精神科医療の目覚ましい発展や、誰でも簡単に健康関連情報を得られるようになったため、「5月病」に対する偏見がだいぶ薄れてきたようです。

それに、あくまでも5月病は俗称。医療機関では「適応障害」、もしくは、「軽度のうつ」と診断されます。つまり、「5月病は『うつ病』になりかかっているサイン」ということを忘れてはいけません。

 

◆ストレスはやはり大敵だった!5月病の主な原因とは

トイヤー イメージ

5月病は、環境の変化にともなうストレスが大きな原因です。そのなかで、よく伝えられているのは以下の通り。

 

  • 新しい環境での生活や仕事が合わない、肉体的にも精神的にもついていけない。
  • 新しい人間関係を築けない、馴染めない、相談できない
  • 新しい場所に描いていた理想と現実のギャップが大きすぎてショックを受けた
  • 入社、もしくは入学という目標を達成したために「燃え尽き症候群」になってしまった

 

上記のようなことは、誰もが新しい環境で多かれ少なかれ感じることです。しかし、それによって受けたストレスが重なり、どんどん蓄積されると、次のような症状があらわれます。

 

◆頭痛・めまい・腹痛まで…5月病の主な症状

トイヤー イメージ

5月病の主な症状は

 

  • やる気が出ない
  • 気分が落ち込む
  • 体がだるい
  • 集中力や思考力の低下
  • 人と会いたくない
  • 食欲低下
  • 頭痛・腹痛
  • 肩こりやめまい
  • 眠れない
  • イライラ

 

など。これらの症状は「うつ病」によく似ているそうです。ただし、多くの5月病は一過性であるため、適度な休息で改善されるといわれています。

しかし、それがなかなか治らない場合は「うつ病」へと発展している可能性があります。そのため、早急な医療機関への受診が推奨されています。

では、そんな厄介な5月病にならないためには、どうしたら良いのでしょう。

 

◆心地よく過ごすことがコツ!5月病の予防・対処法

トイヤー イメージ

● リラックス

5月病にならないために推奨されているのは、【リラックスできる時間】をもつこと。そんな症状があらわれているときに、仕事を家に持ちかえるなんてもってのほか。通常ならば、「今日できることは明日に延ばすな」ですが、このときばかりは「明日できることは明日やろう~っと」に変えましょう。

● ストレス発散

また、【ストレスを発散すること】も大事です。それが、運動でも、友人や家族との外食でも、ひとりで音楽を聴いたり、映画を観るのでもOK。ある人から見ると細かい作業をするのは余計ストレスがたまりそう、なんて思えても、ミニチュア制作などが最も楽しい時間だという人もたくさんいます。つまり、大切なのは自分にとって楽しく心地よいことなんです。

● バランスの良い食事

「食」の大切さは、数多くある健康情報番組のお蔭で知る人も多いと思います。もちろん5月病もご多分に漏れず。たくさんの色んな野菜に、肉や魚に豆類、海藻に果物や乳製品、そしてご飯や麺にパンなどの炭水化物といった【バランスのよい食事】は骨と筋肉をつくり、細胞を活性させ、そして脳を健康にします。

トイヤー イメージ

 

● 質の良い睡眠

心身の疲労を回復するために非常に役立つのが睡眠です。そのため【しっかり睡眠をとる】ことは、とても大切です。ちなみに、ズムーズに睡眠をとる方法としては、起床時に【日光を浴びる】ことが推奨されています。なぜならば、日光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がいったんストップするから。それにより体内時計がリセットされて、15~16時間後ぐらいに再びメラトニンが分泌されるようになります。つまり、朝7時に起きて日光を浴びたら、夜の10時~11時ぐらいには自然に眠くなるということです。

● セロトニン

ちなみに、日光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がとまりますが、今度は心身を安定させる【セロトニン】という脳内物質が分泌されます。実はこのセロトニンは心身を安定させて気持ちを明るくしてくれるほか、のちに分泌されるメラトニンの原料にもなるとのこと。そして、不足すると心身のバランスを崩すといわれています。

【セロトニン】は、日光浴のほかウォーキングやサイクリングなどの【有酸素運動】で分泌されます。そのほか、トリプトファンビタミンB6を含んだ食品を一緒に摂ることでも増やすことができます。

ちなみに、トリプトファンは【バナナ・緑黄色野菜・赤身肉・チーズ・アボカド・大豆・カボチャの種】などに、
ビタミンB6は【にんにく・マグロ・酒粕・レバー・カツオ・鶏ひき肉】などに含まれています。

このように、いわゆる健康的な生活が5月病を遠ざけるようです。

 

そして、そんな生活を送るうえで役立つカーテンがあります。

それは、レースカーテン1枚でも外からの視線をカットする遮像性を持ちながら、自然な光をお部屋にとり込んでくれる帝人のウェーブロンプラス(ウェーブロン+)糸を使用したレースカーテンです。

 

◆プライベートと明るさをキープするウェーブロン+のレースカーテン

帝人のウェーブロンプラス(ウェーブロン+)糸を使用したレースカーテンは、昼はもちろんのこと、夜に電気をつけても外部からの視線をカットしてくれます。しかも、それだけではなく室内に明るい光まで採り入れてくれるんですよ。

カーテンじゅうたん王国ネット通販で、この機能があるのは、
ポンポンの意匠糸が可愛らしいレースカーテン「トイヤー アイボリー」と、

トイヤー

無地レースカーテンの「グロー アイボリー」。

グロー

本来であれば、レースカーテンが「遮像性」と「彩光性」をあわせもつことは難しいのですが、帝人のウェーブロンプラス糸を使用したカーテンは、それを両立しています。

お休みの日にお部屋でくつろいでいるとき、できるなら自然光を浴びてセロトニンを分泌させ、心身を健やかにしたいもの。でも、レースカーテンが透けて外からの視線を感じてしまい、リラックスできない状態ではストレスが溜まる一方です。それでは、治るはずの5月病も長引いてしまいそう。外の光が入る明るいお部屋でも、プライベートが守られていてこそ、ストレスを和らげることができるはずですですものね。

そうかといって、プライベートを守るためレースカーテンに「遮像性」だけを求めると、天候の悪い日はとくに、お部屋の明るさが十分ではないかもしれません。

トイヤー イメージ

しかし、カーテンじゅうたん王国ネット通販の「トイヤー アイボリー」と「グロー アイボリー」は、帝人のウェーブロンプラス(ウェーブロン+)糸を使用することで「遮像性」を保ちながら、光を多くとり込み拡散してくれます。

それにより、プライベートをしっかり守り、明るいお部屋が実現するというわけです。

トイヤー イメージ

しかも、これから気になる紫外線カット機能付き!お肌だけではなく、家具の日焼けも防いでくれますよ。

プライベートも紫外線も安心できて、しかもパーッと明るいお部屋で、好きなことをして心地よく過ごせば、5月病も吹き飛ばせそうです。

 

また、従来のウェーブロンを使用した「マルク ベージュ」は、もちろん昼だけではなく夜も見えにくいレースカーテンで、UVカット付き。しかも、それだけではなく、遮熱・断熱・防炎機能がついている、これからの季節に大助かりな省エネカーテンです。

上品な麻調のボーダー柄がナチュラルモダンなお部屋にピッタリですよ。こちらも是非ご検討くださいね。

マルク ベージュ

 

◆洗えるカーテンのお洗濯方法

カーテンじゅうたん王国のカーテンは、すべて洗えるカーテンです。お家でお洗濯した際にも、カーテン・じゅうたん王国のように厳しい品質基準で丈夫につくられたカーテンならば安心ですよ。カーテンのお洗濯はどうしたらいいの?という方は、こちらの「お手入れ方法」をご覧ください。

 

◆カーテンじゅうたん王国の高い品質基準

カーテンじゅうたん王国のカーテンは、ヒダ山に細やかで丈夫な高級芯地を貼っています。

トイヤー

裾の折り込み巾は、すべてオーダーカーテン並みの10cm。

トイヤー

目立たない場所も隅から隅まで、丁寧で細やかな縫製で仕上げています。

トイヤー

グロー

これらの高い品質基準が、美しいカーテンウエイブを持つ、丈夫で長持ちするカーテンをつくり上げています。

グロー

安心してご利用くださいね。

 

◆6月病と5月病の違い

トイヤー イメージ

なお、6月病は基本的に5月病と原因や症状は同じですが、発症しはじめる時期がその名の通り6月。つまり、たとえば、新人研修が長い会社の場合、本格的な仕事に突入するのが6月という事情があるからです。そして、この6月病がより深刻であるといわれる理由は、発症と梅雨の時期が重なってしまうから。

セロトニンを活性化する明るさは2500ルクス以上。たとえ曇りの日でも1万ルクス以上あり、雨の日でも5000ルクス以上あるので、たとえ梅雨の時期であろうと自然光がセロトニンを活性化してくれます。とはいえ、晴れの日はなんと10万ルクス以上。やはり、到底晴れの日パワーにはかないません。

また、天気が悪い日は暗くなるだけではなく、低気圧の影響で酸素も薄くなります。そうなると、脳は体に「あまり活動するな」と指令してしまうわけです。それが夜ならいいのですが、日中に指令されてしまうからたまりません。

結果、体がだるくなり、疲労感が生まれてしまいます。それに、自律神経の調節が間に合わなくなってしまったら、6月病に追い打ちをかけて心身の不調を強めてしまうのです。

とはいえ、この6月病も、5月病の予防・対処法となんら変わりありません。そして、自分の心地良さを確保して、何ごとにも気がまえないことが得策です。

 

◆朝食にハムとチーズといわれ…

トイヤー イメージ

余談ですが、以前、知り合いの青年が不眠や体の不調を訴え心療内科を受診したそうです。そのときに先生から、「朝食にハムやチーズも食べなさい」と言われ、「そんな診察があるか」と怒っていました。しかし、ハムに含まれるビタミンB1は情緒の安定に役立ち、いずれにもセロトニンをつくるトリプトファンが含まれます。おまけに、脳の栄養となるブドウ糖は、ハムにも含まれるビタミンB1がないとエネルギーに変えられません。

先生の言葉には理由があったのですが、当時の私にはそんな情報が少なく、ただ、青年の話を皆と一緒に聞いていたものです。しばらく会っていませんが、彼もこのブログを偶然に読んでいてくれたら嬉しいですね。

 

また、通販でカーテン選びの途中にでも、ちょっと疲れたなあと思ったら遊びにいらしてくださいね!
カーテン選びコンシェルジュでした。